オリンピック

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨とは?どこで購入できる?

東京オリンピック,記念硬貨,購入方法

こんにちは。

ゆあんなです^^

2020東京オリンピックに向けて、チケットの購入方法が発表され、いよいよ盛り上がりを見せてきました。

オリンピック関連を色々と調べていたのですが、2020年のオリンピック・パラリンピックを記念して、硬貨が販売されています。

そこで、この記念硬貨について調べてみました。

また、購入方法なども合わせてまとめていきます^^

スポンサーリンク

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨とは?種類は?

2020東京オリンピック,パラリンピック,記念貨幣

財務省は、2020年に開催される東京オリンピック競技大会及び東京パラリンピック競技大会を記念する貨幣を、大会開催直前までに、4回に分けて37種類発行するそうです。

今回は、第二次発行分として4種類の銀貨が発行されました。

東京オリンピック・パラリンピック記念銀貨4種は?

今回、発行された記念硬貨は、千円の銀貨です。

第一次の記念硬貨は、昨年の7月に1万円の金貨と、千円の銀貨が発売されました。

1月31日に、通信販売で受付が開始されています。

それぞれのは下記です。

■オリンピック記念銀貨「陸上競技」

2020東京オリンピック,パラリンピック,記念貨幣

■オリンピック記念銀貨「バドミントン」

2020東京オリンピック,パラリンピック,記念貨幣

■オリンピック記念銀貨「野球・ソフトボール」2020東京オリンピック,パラリンピック,記念貨幣

■パラリンピック記念銀貨「水泳」

2020東京オリンピック,パラリンピック,記念貨幣

この銀貨には、競技をデザインしたプルーフ仕様の千円銀貨1枚を特製ケースに収納されています。

この特製ケースは、立てた状態でも記念硬貨を飾ることが出来るようになっています。

価格は、9,500円

送料込みです。

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨はどこで購入できる?

この記念硬貨は、どこで購入できるのでしょうか?

また、引き換えはいつかなど調べてみました。

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨は造幣局オンラインで購入できます!

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨は、造幣局オンラインで購入できます。

造幣局オンラインはこちら⇩

造幣局オンライン

記念硬貨は、このほかに、百円クラッド硬貨が5種類発行されるそうです。

平成31年2月6日現在は、銀貨4種類のみ受付開始されています。

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨の申し込み方法は?

今回発行されている銀貨は、住民票のある住所からの申し込みが必要です。

造幣局オンラインでは、

販売数量を上回る申込みがあった場合、抽選のうえ当選候補者を決定いたします。

と、掲載がありますので、必ずしも申し込みしたからといって購入できるわけではないようですね。

2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨の引き換えはいつ?

今回は、2020東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨第二次発行分についての引き換え時期についてみていきます。

当選した場合に、2019年6月下旬頃から連絡を行うということですので、引き換えは、7月頃になりそうですね。

100円クラッド硬貨について

100円クラッド硬貨については、金融機関などの窓口で額面価格で引き換えを行うようです。

こちらも、6月頃に、引き換えの詳細が財務省よりアナウンスされるようですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、オリンピック・パラリンピック記念硬貨について調べてみました。

今回調べてみて、記念硬貨は4回のうち2回目の受付が開始されたことが分かりました。

昨年のうちに、1回目は終了していたのですね。

今回の発行分では、陸上競技・水泳・バドミントンと人気の競技ばかりですので、申し込みが殺到しそうですね^^

100円のクラッド硬貨は、手に入れやすそうな印象です。

今後、あと2回に分けて、申し込みする機会があります。

狙っている種目の硬貨がある場合は、財務省のホームページや、造幣局オンラインなどをこまめにチェックしてみましょう♪

財務省のホームページはこちら⇩

財務省:2020東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣

造幣局オンラインはこちら⇩

造幣局オンライン

 

昭和39年東京オリンピックの時の千円銀貨が楽天ショップで購入できるようです^^

【記念硬貨】 東京オリンピック 100円銀貨 昭和39年(1964年)【未使用】

価格:432円
(2019/4/10 10:50時点)
感想(8件)

記念硬貨ですから、思い出にもなりますもんね。 レビューを見ると、当時なかなか手に入れることが難しく、やっぱり欲しくて購入されている方が多いようです。

わたしも、何らかの競技の銀貨が欲しいですね♪

スポンサーリンク