エンタメ芸能

自閉症ピアニスト紀平凱成(かいる)のプロフィールと経歴!天才エピソードも紹介!

こんにちは。

ゆあんなです^^

1/29放送のザ・世界仰天ニュースでピアニストの紀平凱成(かいる)さんが登場しました。

スタジオで生演奏を披露し、とても感動した!とっても素敵だった!と、注目されています♪

弱冠17歳の天才ピアニストの彼。5歳でいきなりその才能を開花させたそうです。

そんな彼の経歴や、天才といわれるエピソードなどを調べてみました♪

スポンサーリンク

紀平凱成(かいる)ってどんな人?プロフィールや経歴は?

自閉症ピアニスト,紀平凱成,プロフィール,天才エピソード

出典:https://twitter.com

■プロフィール

名前:紀平 凱成(Kyle)

生年:2001年

年齢:17歳(2019年1月現在)

高校:国立音楽院

職業:ピアニスト

■経歴

2歳の時に自閉症と診断され、その頃から数字やアルファベット、漢字、記号などに興味をもち、難解な熟語や計算式、音符などで落書き帳をいっぱいにして遊んでいたそうです。

さらに、同時期にロックやジャズ、クラシックなど幅広い音楽に興味を持ち、一度聞いただけの曲をエレクトーンで再現し始め、それらの英語の歌詞も耳で聞き取り丸ごと覚えていたというから驚きです。

その頃から、天才ピアニストの素質があったんですね!

もう、天才といわず、なんというの??って感じですよね。

小学校に進学してから、徐々に簡単な意志を伝え始め、ピアニストになりたいことを両親に伝えました。

13歳になった時、東京大学と日本財団が進める、突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト、「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラーに選ばれます。

16歳でイギリスの音楽学校“トリニティ・カレッジ・ロンドン”の”advanced certificate“(上級認定)に高得点で、見事に合格。

17歳では、全日本ジュニアクラシック音楽の全国大会審査員賞を受賞しています。

そして、2019年4月に、初のホールリサイタルを開催されるということで注目が集まっています。

11歳の時の演奏の様子はこちら⇩

素晴らしいですよね!!

紀平凱成(かいる)の自閉症の症状とは?

ここでは、かいるさんの自閉症の症状ってどんな感じだったのか?子供を持つ親として気になったので調べてみました。

発症したのはいつ?

自閉症を発症したのは、2歳の時。

母の由起子さんは、違和感を感じたそうです。

◎目を合わさない

◎話しかけても聞いていないように感じる

そして病院で診断を受けたところ、自閉症と診断されました。

その後も言葉はうまく話せず、コミュニケーションには苦労したのだそうです。

ピアノを始めたことで、コミュニケーションはかなり改善され、インタビューにも答えています。

自閉症は、大人になるにつれてコミュニケーションの問題は改善されていくことが多いようですね。

最近では、発達障害では?といわれる子が増え続けているそうです。

紀平凱成(かいる)の才能がすごすぎる!!エピソード5つを紹介!

プロフィールで軽くふれましたが、かいるさんには人並外れた天才的な才能がありました。

そのエピソードについて5つ紹介していきます^^

天才エピソード①5歳で音符を書き始める

かいるさんのご両親は、コミュニケーションを図るツールとして、かいるさんにノートをあげました。

いわゆる、なんでも描いていい落書き帳ですね!

そこにかいるさんが描き始めたのが、「楽譜」でした。

音楽に興味があったんですね。

6歳の頃には、マイケルジャクソンの「HEAL THE WORLD」を覚えて、ピアノを弾きながら歌っていたそうです。

英語の歌詞も、感覚で覚えて歌えていたというのですから驚きですよね。

天才エピソード②5歳で√(ルート)の計算ができていた

音楽以外にも数字や漢字、アルファベットに興味を持ち、熟語や計算式などで落書き帳がいっぱいになったと言います。

5歳を過ぎた頃には√(ルート)の計算もできるようになっていたんだそうですよ。

ルートの計算っていつ頃勉強するんだっけ?と調べてみたら中学生で習うようですね!

中学生でも苦手とする人が多い計算。

そんな難しい計算も5歳でできてしまうとは・・・天才すぎる!!

紀平凱成(かいる)天才エピソード③記憶力が凄すぎる!!

かいるさんは、一度聞いただけの曲をエレクトーンで再現できるほか、英語の歌詞も聞き取って覚えてしまうといいます。

記憶力が凄すぎます!!うらやましい~。

紀平凱成(かいる)天才エピソード④絶対音感の持ち主!

かいるさんは、いつしか風の音や雨の音、電車の走行音など、日常の音も音階で表現できるようになっていたそうです。

絶対音感の人は、環境音がメロディーやリズムを刻んでいるように聞こえるといいます。

また、その高い感受性のために、聴覚過敏に悩まされていました。

聴覚過敏とは生活音が苦痛に感じてしまう症状のことで、かいるさんはピアノの高音域でさえもストレスになっていたのだそうです。

なので、ピアノの練習をする際には、イヤーマフをして練習しているのだとか。

生活音は、わたしも気になる方なのですが、こういった気になるというレベルではないですよね。

本当に、大変だと思います。

紀平凱成(かいる)天才エピソード⑤生年月日を聞いただけで曜日を当てる!

かいるさんは、人の生年月日を聞いただけで、その曜日を当てることができるそうです。

計算方法があるようですが、何もトレーニングしていないかいるさんが、これを出来るのは天才であるがゆえだと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

天才的な感性の持ち主であるで紀平凱成さんについて今回は調べてみました。

17歳という若さで、圧巻の演奏をする姿はとてもかっこいいですよね!!

ピアノを弾いているというよりも、ピアノと弾いてるって感じがします。

まだまだ若い彼。

これから、もっともっと素敵な音楽を私たちに届けてくれると思います^^

わたしは今回いろいろと調べてみて、仰天ニュースを見て、かいるさんの生の演奏を聴きに行きたいと思いました♪

きっと、そんな方がたくさんいらっしゃるんじゃないかな?

2月・4月のコンサート のチケットは早くもSOLD OUT!!

注目の高さが伺えますね♪

いつかきっと生演奏を聴きに行きます^^

紀平凱成(かいる)さんの公式サイトはこちら⇩

紀平凱成 Kihira Kyle 公式サイト

スポンサーリンク